空手道部
方針は変えず

 空手道部は、11月9日、全国国公立大学空手道選手権大会に挑みました。
 シード権を獲得し臨んだ小山大学との組手団体戦では、思うように決められず惜しくも敗退。「試合に向けての練習が少し少なかった」と鍵田主将は振り返ります。
 今後は、試合を意識した練習を増やしたいとする一方で、挨拶や礼儀なども人として必要なことを大切にするスタイルは、これからも変えないとも話してくださいました。
 12月7日には、審査会を控える空手道部。今後の活躍に期待がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です