体育会本部
応援したくなる試合

 5月24日に球技大会が開催されました。種目は、ドッジボールで、当日の飛び込み参加を含め、多くの団体が参加。白熱した展開が続き、決勝戦では、自然と応援したくなるほどの、熱い戦いが繰り広げられました。
 そんな中、優勝したのは、硬式野球部の部員で結成された「アンダー藤井」。このチームは、今回が初参加らしく、今回の優勝について「勝って当たり前。負けられない戦いだった。」コメント。また賞品については、金券に換金してもらい、部費の補充に使うつもりだそうです。
 来年度について、球技大会の担当者は「参加団体を更に増やし、盛り上げていきたいと思います。」と意気込みを語りました。また、7月には、千鳥んピックが企画されています。選手達の熱き戦いに参加してみてはいかがでしょうか?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です